只今、ズーヤ公式LINE@登録者の方へ 《限定プレゼント》を配布中♪

自分らしく輝く自己実現の方法をわかりやすく解説

あなたのタイプに合ったビジネスモデル

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
メンタルカウンセラー兼ブロガー。愛知県名古屋市在住。クライアントのEQ能力(無意識の意識化力)を啓発し、自分らしく輝く自己実現を体現できるようにサポートしている。5000人以上の自己実現カウンセリングの経験から、ブログにて情報発信。【自己実現 成功】でGoogle検索1位獲得。クライアントのあるがままを受け止める傾聴力や、『囚われ』『無力感』から解放するカウンセリングに定評がある。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ズーヤです(^^♪

今日は前回の記事⇒『成功にはタイプがある』の続きの内容になります。
これから起業、副業を考えている方や、
自分のビジネスを長期的に伸ばしていきたい!

と考えている方にぜひ読んで頂きたい記事です。

引き続き今日もビジネスよりのお話になりますので、

興味がない方は読み飛ばして下さって結構で~す(^◇^)

それでは、始めます(^^)/[ad#zu-ya001]

あなたのタイプはあなたの強み

僕たちの心には、【知的機能(認識能力)・情的機能(情感性)・意的機能(意欲性)】という3つの機能があります。

(詳しくは以前の記事⇒『心の機能』を御覧下さい。)

そしてその3つの機能のパワーバランスが個性によって一人ひとり違う、

という事をお話ししました。

そして、『心の本質【本心】には成長段階がある』の記事では、
その3つの機能を使いこなす心の本体=【本心】の成長基準(自我基準:良心基準:本心基準)によって、
あなたの人生の幸不幸が決まるんだというお話しをしました。

一般的には、【知・情・意】の機能の強さが【60:30:10】の割合で分かれています。

例えば、

【知60:情30:意10】→知的タイプ
だったり、

【知10:情60:意30】→情的タイプ
だったり、

【知30:情10:意60】→意的タイプ
だったりと、

どれかが強くなってる分、どれかが見えにくくなっているという感じです。

(※ただし、これは絶対ではなく、後天的な訓練や生きてきた環境によって多少は変化していきます。)

あなたのタイプがこの、知的タイプなのか?情的タイプなのか?意的タイプなのか?

であなたが選ぶべきビジネスモデルが変わってきます。

なぜなのかというと、そのタイプに合ったビジネスモデルがあなたの強みを活かせる分野であり、あなたのモチベーションが自然と湧き出ることであり、

ゆえに、長期的に続けていける可能性が高いビジネスモデルとなるからです。

逆にタイプに合ってないビジネスモデルにしてしまうとどうなるかというと、
「頑張っているのに、何か上手くいかない」という悪循環や、
「頑張って結果が出たとしても、何かやりがいを感じられない」という不満が溜まってきます( ゚Д゚)

では、一体それぞれのタイプに合ったビジネスモデルとは、具体的にどういったものがあるのでしょうか?

あなたのタイプにあったビジネスモデルとは?

知的タイプ、情的タイプ、意的タイプ、
それぞれのタイプに合ったビジネスモデルを順番に見ていきます。

1f98b8e7e6e54a206a7805ab741305e1_s

知的タイプの人

【知・情・意】の【知】が特に長けている方ですね(^^♪

【知】=認識能力なので、
知的機能が長けている方のキーワードは『分析』『解明』『探求』です。

こういった方は、
“学びのない仕事”は向いていないです(‘_’)

なので、

自分自身の経験を活かしたコンサル業や、
何かの問題解決を提供するコンテンツビジネスや情報起業、
また、セミナー講師など、

【知】の分野を武器とするビジネスが強みを発揮できるし、自分自身もやっていてやりがいを感じられるのではないかと思います。

情的タイプの人

【知・情・意】の【情】が長けている方ですね(^^♪

【情】=情感性なので、
情的機能が長けている方のキーワードは『仲間』『つながり』『共感』です。

こういった方は、
“一人で黙々とやる仕事”は向いてないです(‘_’)

なので、

仲間やチームでワイワイやれる環境の仕事や、
人に直接感謝をされるような仕事。
人に向き合い、共感していくカウンセラー業や、
人と人が出会うイベントコーディネーターなど、

【情】の分野を武器とするビジネスが強みを発揮できるし、自分自身が輝けるそんなビジネスになるんじゃないかと思います。

意的タイプの人

最後に、【知・情・意】の【意】が長けている方ですね(^^♪

【意】=意欲性なので、
意的機能の長けている方のキーワードは『成果』『達成』『行動』です。

こういった方は、
“具体的な目標のない仕事”は向いてないです(‘_’)

なので、

成果報酬型の営業職や、
一人でコツコツ記事を書いていくブログアフィリエイトや、
すぐに報酬に繋がるせどりや転売ビジネスなど、

目標に向かっての【行動】を武器とする分野のビジネスが、自分の強みを発揮できるし、
やっていてあまりストレスなくやりがいも感じやすい、
そんなビジネスになるんじゃないかと思います。[ad#zu-ya002]

職業自体を選べない場合

ただ、自分のタイプがわかっても、最初何も土台がない時は、
普通はそう簡単には自分の好きなように職場を選べないと思います(*_*;

その場合は、今いる職場環境の中で自分のタイプを活かせる部門についたり、
それも難しい場合は、

“今やっている目の前の仕事に対する働き方を考えてみる”

ということをおススメします(^^)/

どういうことかというと、
今何気なくやっている仕事の中にも、
「自分のタイプのニーズや価値観と合致する仕事内容が含まれているんじゃないだろうか?」

と見直してみるということです。

そのような観点で振り返ってみると、以外にも見つかるものですよ(^◇^)

・知的な人であれば、
「ここが自分にとって学びになるじゃないか!」
という部分を探してみてください。

・情的な人であれば、
「この内容を通してこの人を喜ばせていこう!」
という部分を作ってみてください。

・意的な人であれば、
小さなことでもいいので、仕事の中に具体的な目標数を決めて、それを達成するぞ!と取り組んでみてください。

この内容に関しては、もっと詳しくまた別の記事で紹介したいと思います(^^♪

僕の尊敬する歴史上の人物で高杉晋作という人物がいます。
晋作さんの辞世の句でこのような名句があります。

おもしろき

こともなき世を

おもしろく

すみなすものは

心なりけり

素晴らしい言葉ですよね♪
僕は胸がしびれました。

心の持ち方次第で、どんな仕事も
面白くもなれば、
つまらなくもなる。

そういった姿勢で今の仕事に向き合っている人は、
周りからも認められ、
いずれ、本当に自分が好きな仕事や職場環境に自然と移行していくことと思います。

晋作さんの心意気に見習いたいものです(#^^#)

成功のハシゴをかけ間違えるな!

前回の記事⇒『成功にはタイプがある』でも話しましたが、
最近のインターネットビジネスの世界を見てみると、

やたらと「楽して稼ぐ」的なセールスメッセージが多いです。

そりゃあ誰しも「楽して稼げたらいいな!」という本能はあるでしょう。
ただ、

その甘いうたい文句につられてしまって、
自分のタイプに合わないビジネスモデルを無理無理やっていっても、

万が一それが当たって「楽して稼ぐ」ことができたとしても、
そのビジネスモデルが自分のタイプに合っていない場合、

長期的に続けるのが苦しくなってくるので、
安定した収入は得られない可能性が高いです|д゚)

また、やっていて心がすさんでくるのもつらいことだと思います((+_+))

どうせなら、

やっていてあなたが「楽しい!」と思えるビジネス、
「心からワクワクできる」ビジネス、
「安定した収入が手に入る」ビジネス、

そういったあなたに合ったビジネスモデルを選ぶことが、
あなたの人生をより一層豊かな、
本当の幸せに満ちた人生へと導くものになるのではないかと思います(^^♪

最後に、

7つの習慣の著者のスティーブン・R・コヴィー博士の言葉を紹介します。

成功のはしごに足をかける前に、

それが目当てのビルに立てかけてあるかどうか

確かめろ

自分の成功のタイプを知り、
自分にあった成功の形を実現する、
そんな自己実現の形を、
これからもズーヤ式自己実現のブログでは紹介していきますね(^◇^)

 

《今日のまとめ》

あなたの成功のタイプは、
あなたの【知・情・意】のタイプに合ったもの。
タイプに合っていれば、強みを活かせ、モチベーションも続きやすい。
時代の風潮に流されず、
自分のタイプに合ったビジネスモデルを選び、
幸せでやりがいのある人生を手に入れましょう!

でした(^^)/[ad#zu-ya003] ↙良かったらシェアを♪

この記事を書いている人 - WRITER -
メンタルカウンセラー兼ブロガー。愛知県名古屋市在住。クライアントのEQ能力(無意識の意識化力)を啓発し、自分らしく輝く自己実現を体現できるようにサポートしている。5000人以上の自己実現カウンセリングの経験から、ブログにて情報発信。【自己実現 成功】でGoogle検索1位獲得。クライアントのあるがままを受け止める傾聴力や、『囚われ』『無力感』から解放するカウンセリングに定評がある。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください